キャッシングで失敗しない為の条件

キャッシングで失敗しない為の条件

急にお金が必要になった時、気軽に借入れをすることができるキャッシングは、上手に付き合うと便利ですが、使い方を間違えると、生活の破綻につながってしまいます。

 

キャッシングの失敗とは、審査に通らず、借入ができないことではなく、借り入れたお金がもとで、お金のやりくりができなくなってしまう状態です。その様な状況に陥らないために、キャッシングを利用する際には、キャッシングでしない為の条件を確認してから契約しましょう。

 

根本的に大事なのは、キャッシングで得たお金は労働で得た対価としてのお金ではなく、借金であるということを自覚し続けることです。要は、自分のお金ではなく、しかも返済するまでは、利息が増えていくお金であるということを肝に銘じてキャッシングをしなくてはいけないということです。多くの多重債務者が、多重債務者になってしまう理由のひとつは、キャッシングで得たお金を、自分のお金が増えたかのように勘違いしてしまうことにあります。

 

次に大事なのは、借入先です。

 

キャッシングは、基本的に銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの2種類があります。

 

銀行系のカードローンは、金利が低いので、おすすめです。銀行と提携している大手の消費者金融系のカードローンは、金利が高めですが、社会的信用度という面では、心配ありません。銀行系カードローン、銀行と提携している大手の消費者金融系のカードローンはともに、多くの種類がありますので、この中から、自分の状況と照らし合わせて、利率が低く、返済総額を少なくできる金融機関でカードローンを組むと良いでしょう。

 

けれども、銀行系カードローン、銀行と提携している大手の消費者金融系のカードローンでは審査が通らず、借入ができなかったというような時には、注意が必要です。複数のローンがあったり、過去に返済が停滞した記録が残ったりしていても、審査に通りますと謳っているような金融機関は、金利が高く、違法な業者である可能性もあるからです。もし、銀行系カードローン、銀行と提携している大手の消費者金融系のカードローンでの融資を受けられず、それ以外の金融業者で借りなくてはならない状況に陥ってしまった時には、その金融業者が、正規の金融業者であるかどうかを確認してから、融資の申し込みをしてください。

 

判断の基準は貸金業の貸金業者登録票が掲示されていること、登録番号1は、開業して3年以内ということを表していますので、違法業者である可能性が無いとは言えません。3年ごとに登録番号の数字が大きくなっていきますので、大きい数字のほうが安心といえますが、この登録票が偽物である可能性もあります。

 

金融庁や日本消費者金融協会のホームページには、悪質な業者について、具体的な名称などが記載されていますので、情報を確認することで、悪質な業者から借り入れをすることを避けられる可能性が大きくなります。

 

もちろん、小規金融業者の中にも、他社との競合の為、審査を緩めにしている業者もありますので、審査が緩い=違法業者とは言い切れませんが、借入先は慎重に選ぶようにしましょう。