キャッシングするなら利息の低いフリーローンで決まり!

フリーローンとカードローンの違いは?

フリーローンは、借り入れの目的が限定されないローンのことです。

 

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA、消費者金融などが取扱っていますが、目的が限定されている住宅ローンや教育ローンと比較すると、金利が高く設定されています。

 

また、借り入れの目的が限定されていないとはいえ、ゴルフ会員権、株式購入資金等といった投機の為の資金、他の金融機関から借り入れをすでにしており、その借り換えの為の資金、事業に使う資金などに対しては、貸し出さないことになっています。また、審査の際に提出する書類の中で、借り入れ目的の内容を証明するための見積書や契約書等に不備がある場合にも、貸し出しはしていません。

 

フリーローンには、旅行や引っ越しなどの為の少額なローンに向けての無担保型、住宅購入などの高額なローンに向けての有担保型がありますが、どちらのローンも、フリーローンの申し込みをする際には、本人確認の為の免許証や住基カード、年収を確認するための源泉徴収票等の資料、そして前述した借り入れ目的の内容を証明するための見積書や契約書等が必要です。

 

フリーローンは、審査の期間が短く、審査内容も住宅ローンや教育ローンほどは厳しくありませんが、住宅ローンや教育ローンより金利は高めです。少額のローンの場合には、それほどのリスクはありませんが、大口の有担保型のローンを組む場合には、返済の計画をしっかり考慮することが大事です。

 

カードローンの特徴

 

カードローンには大きく分けて2つの種類があります。

 

銀行が発行する住宅ローン、教育ローンなどの目的を絞って借入れをし、分割返済する目的別カードローンと、クレジット会社などが発行している無担保で借り入れができ、リボルビング方式で返済するカードローンです。日常的に、ちょっとした金額の借り入れをしたり、都合の良い時に返済したりすることを繰り返せるのが、後者のクレジット会社や信販会社、消費者金融が取り扱っているカードローンです。

 

カードローンができる多くのカードがありますが、発行している会社によって審査の方法、金利などが違いますので、良く調べたうえで、返済に関してリスクの低い会社を選ぶことが重要です。

 

カードローンのカードを申請する際には、本人確認の為、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票などが必要ですがその他に、50万円以上の金額を借り入れたい場合には、所得証明書、源泉徴収票などの所得を証明する書類、本人に所得が無い場合には、配偶者の所得を証明する書類が必要です。

 

楽天銀行スーパーローンがおすすめ

 

楽天銀行スーパーローンなら200万円までの借入の場合、収入証明書が要らず、低金利にて借りることができます。銀行系なので総量規制の対象外ですし、おまとめ・借り換えローンとして利用している方も多いようです。

 

詳しくはコチラ ⇒ 低金利ローンの借り換え!安心の楽天銀行スーパーローンなら失敗しない